記事のリスト

119. 本当に必要なものとは 2019年02月 NEW
118. 動詞は名詞であるという見方 2019年01月
117. しゃぶしゃぶを食べに行ったという表現 2018年12月
116. お客さまは神さまですという思想 2018年11月
115. 点と線A 2018年10月
114. 点と線@ 2018年09月
113. 目には目そして詭弁には詭弁 2018年08月
112. 日本語は論理的ではないという意見 2018年07月
111. 死人の酒の搾りかす 2018年06月
110. 排他的論理和か論理和か 2018年05月
109. 雨の日と月曜日は 2018年04月
108. 3段論法の4段ロケット 2018年03月
107. いわゆるいい日 2018年02月
106. 2進数と親しいメリット 2018年01月
105. 最優秀敗戦処理投手 2017年12月
104. ちーがーうーだーろ 2017年11月
103. アルゴリズムと川中島 2017年10月
102. 続・4枚のお札 2017年09月
101. ヒトは下半身から進化したB 2017年08月
100. ヒトは下半身から進化したA 2017年07月
99. ヒトは下半身から進化した@ 2017年06月
98. 4枚のお札 2017年05月
97. レモンありますね 2017年04月
96. 虹を探すには 2017年03月
95. Right関数 2017年02月
94. 2016年の思い出 2017年01月
93. 抽象思考序説 2016年12月
92. 確率密度関数 2016年11月
91. アメリカンフットボールとプログラマー 2016年10月
90. アンナカレーニア 2016年09月
89. 自然対数の底の逆数 2016年08月
88. 故事成語の効能 2016年07月
87. ホームのアフォーダンス 2016年06月
86. 鳩ノ巣論法 2016年05月
85. ことわざの効能 2016年04月
84. 前を振り返らず前を向いて 2016年03月
83. 対角線論法 2016年02月
82. イプシロンデルタ 2016年01月
81. 酒とオランウータンと私 2015年12月
80. 公開鍵暗号方式 2015年11月
79. 上野の駅で出会ったバグ 2015年10月
78. プログラミングとは分数の割り算 2015年09月
77. 113分の355 2015年08月
76. ミカンにあってリンゴにない 2015年07月
75. SharePoint Designer事始め 2015年06月
74. 春宵一刻値千金の「千金」の重さ 2015年05月
73. 春宵一刻値千金の「一刻」の長さ 2015年04月
72. 使う人に寄り添う情報システム 2015年03月
71. 32代さかのぼった先祖の人数 2015年02月
70. 高等遊民に適した分野 2015年01月
69. フィフティフィフティの確率論 2014年12月
68. 続・実現可能性と運用可能性 2014年11月
67. 教え方が下手な言い訳 2014年10月
66. 読み書き算盤プログラミング 2014年09月
65. 実現可能性と運用可能性 2014年08月
64. 徘徊する人 2014年07月
63. 何でも出来て何にも出来ない 2014年06月
62. 全席優先席という愚挙 2014年05月
61. 悪意のないプログラマー 2014年04月
60. プログラマーになるためには 2014年03月
59. 健康診断前日の過ごし方 2014年02月
58. プラットフォーム事故0運動 2014年01月
57. 投票率があがる施策 2013年12月
56. 10%下がって45%であった投票率 2013年11月
55. 回帰するオーバーヘッド 2013年10月
54. 3.14倍のステップとは 2013年09月
53. 適正な工数の見積もり 2013年08月
52. ロジカルに判別できない主張 2013年07月
51. ロジカルでなければ反省できない 2013年06月
50. 地動か天動か 2013年05月
49. システムエンジニアの自己満足 2013年04月
48. 夢についての考察 2013年03月
47. 1枚20ゴールド838,861枚4ゴールド 2013年02月
46. それはバグじゃない 2013年01月
45. 未使用は使用しないことではない 2012年12月
44. 目を大切に 2012年11月
43. 私は匠になりたい 2012年10月
42. ありがとうすみませんA 2012年09月
41. ありがとうすみません@ 2012年08月
40. 「い」で終わる用言の用法 2012年07月
39. 「おる」という述語のニュアンス 2012年06月
38. 「やる」という述語のニュアンス 2012年05月
37. 史記と自然科学の知見 2012年04月
36. 働きと報酬と 2012年03月
35. センター試験の倫理と論理 2012年02月
34. 卑弥呼ここにありA 2012年01月
33. 卑弥呼ここにあり@ 2011年12月
32. 能動と受動とツイート 2011年11月
31. ロジック ポスト メンデレーエフ 2011年10月
30. エラーメッセージ考 第一稿 2011年09月
29. 帰納と演繹と 2011年08月
28. ロジックの限界 2011年07月
27. オフショアには負けたくない 2011年06月
26. 情報システムの想定 2011年05月
25. 二者択一とシステムエンジニア 2011年04月
24. オフショアには負けられない 2011年03月
23. トイレの神様とロジック 2011年02月
22. 宝くじとロジック 2011年01月
21. オフショアに負けない 2010年12月
20. 空気を読むコンピュータ 2010年11月
19. おごらざる者のロジック 2010年10月
18. 旅のすゝめ 2010年09月
17. 夕日のアフォーダンス 2010年08月
16. ウソツキとショウジキ 2010年07月
15. 使っていただける情報システム 2010年06月
14. “i”は地球を救う 2010年05月
13. 2月はなぜ28日か 2010年04月
12. 情報処理技術者の職種区分 2010年03月
11. ソフトウェアデザイナー 2010年02月
10. 情報過多に活きる数学的センス 2010年01月
09. 悠久の天壌とちっぽけな私 2009年12月
08. システムという生きもの 2009年11月
07. その「と」は「かつ」か「または」か 2009年10月
06. 日本感想 2009年09月
05. システムエンジニアのイデア 2009年08月
04. モチベーションと番兵 2009年07月
03. 情報革命について 2009年06月
02. ひらめきとロジカルシンキング 2009年05月
01. プログラマーの感性 2009年04月

このページの趣旨と内容

ホームページというものは、公開したあとに、継続的に更新することが大切であるそうで、弊社のような業種・業態の会社のホームページでは、通常、携わったプロジェクトの成功事例を紹介するようです。それはいずれ用意する予定であります。

ところで、弊社ではシステムエンジニア、プログラマーを募集しています。若者に敬遠されがちな職業らしいのですが、それでも興味を持っている人に、実際にシステムエンジニア、プログラマーといった業務をこなしている社員の視点から、仕事のやりがいとか、仕事を通して身についたことなどを連載してみよう、と、そういった程度の趣旨であります。

したがってその内容は、それぞれの勝手な考え、個人的な意見でしかありません。ご了承ください。

グループ分け

記事の内容によって、3つのグループに分けました。

【きじのグループ】

ちょっと高いところから、全体を見渡すことも時には大切でしょう。

それほど高くは飛べませんが、情報システムと携わる人とを大局的な見地から論じています。

【さるのグループ】

コンピューターのシステムは、ロジカルでなければなりません。サル知恵でもないよりはましでしょう。

システムを構築する時の具体的なトピックスを挙げています。

【いぬのグループ】

コンピューターのシステムといっても、使うのは人間、使う人のひじに合わないシステムなら無用です。

情報処理システムを動かす人間にスポットを当てています。